神奈川の川崎市で美容師を目指すなら関東美容専門学校へ

関東美容専門学校
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会

関東美容専門学校

オープンキャンパス

「美」の可能性を“カタチ”にする。 関東美容の卒業生たち。

学んだ知識、磨いた技術、そして感性を活かし、プロフェッショナルとして活躍する関東美容専門学校の先輩たち。
「美」に対するこだわりや大切にしていることなどについて、4名の先輩が語ってくれました。

「お客様を幸せにしたい」
その気持ちを大切に

平澤 隆司さん
MaxBlonde ディレクター
2000年9月卒

サロンワークのかたわら、メディア出演や講演活動などもしていますが、最近ようやく「髪をケアすることの大切さ」が広く認知されるようになったと感じています。

だから私たちも毛髪科学など、新しい知識を随時取り入れていく必要がありますね。美容師とは楽しくて、お客様に感謝していただける仕事です。「この人をキレイに、幸せにしたい」そんな気持ちで挑戦してほしいですね。

【学校の思い出】
私にとって関東美容は「卒業した生徒がいつでも遊びに行ける学校」。少人数制なので、先生方はいつも親身に指導してくれました。卒業生同士の結束も強い、素晴らしい母校と感じています。

松井 佐枝子

お客様との長きにわたる
お付き合いが最大の財産

松井 佐枝子さん
Cia birth トップスタイリスト
2005年3月卒

中学時代に出会った美容師さんがきっかけでおしゃれに興味を持ち、性格も明るくなりました。
それから「人を変える職業っていいな」と思い、美容師を目指すように。私にはアシスタント時代からのお客様が数名いて、特に年配のお客様は、ご自宅まで伺ってヘアメイクを担当しています。

これからもお客様を幸せにすることを第一に、2店舗目、3店舗目も視野に入れていきたいですね。

【学校の思い出】
着付けや毛髪科学、写真の撮り方など、多彩な課目を学んだことが今も役立っています。特に早い段階で「自分のサロンを持つ」という夢をかなえることができたのは、先生のおかげです。

小松 真理子

絶対に練習の成果が出る
それが関東美容の魅力

小松 真理子さん
VIBE&ANNEX元町中華街 スタイリスト
2011年3月卒

勤めているのは、私自身も学生の頃から通っていた美容室です。お客様との距離が近くて楽しそうだと思っていましたが、就職後もその印象は変わりません。

関東美容は「練習の成果がしっかり出る」学校。先生方もよく練習を見てくれて、特に花井先生には「この先生の言う通りに頑張れば大丈夫」という安心感がありました。これからも「また会いたくなる美容師」になるため努力をしていきます。

【学校の思い出】
ワインディングテストではかなり練習しました。競い合う仲間に恵まれて、常に上位の成績を続けていくことができました。卒業の際はいろいろ賞をいただいたことも印象に残っています。

山崎 直斗

プロからも〝うまい〟と
言われる本物のプロへ

山崎 直斗さん
モッズ・ヘア 青山プリヴィレージュ店 プレスタイリスト
2014年3月卒

2年半ほどアシスタントを経験し、社内試験を経て、数カ月前からお客様のヘアメイクすべてをひとりで行っています。お客様が笑顔を輝かせて「ありがとう」と店を出る時、疲れが全部吹っ飛ぶくらいうれしくなります。

目指しているのは、お客様から喜ばれることはもちろんですが、〝プロから見てもうまい〟と思われるスタイリスト。その目標に向かって、今後も努力を重ねていきます。

【学校の思い出】
卒業制作のヘアショーが印象に残っています。ヘアメイクだけでなく衣装や音楽も仲間と考えてつくり上げたことです。関東美容の卒業生である父も見に来て、「すごいなぁ!」って言ってくれました。